三宅島でアイランドキャンプ MYSTERY RANCH オーバーロードの巻【本店】

こんにちは本店高山です。お休みを利用して東京の離島、三宅島にアイランドキャンプに行ってきました。キャンプの内容やA&Fの商品をいくつか持って行ったので、何回かに分けてブログにアップしていきたいと思います。

今回は私の相棒MYSTERY RANCH(ミステリーランチ以下MR)のバッグについてでーす。

三宅島には縁があり毎年この季節に行くことが多いです。

今回も橘丸で東京竹芝桟橋より22:30出発で朝4:30の到着となりました。

いわゆる船内泊ですね。これが橘丸です。

外国チックなカラーリングがさわやかですね。橘丸は現在3世です!

 

私はSUPが趣味なのでアイランドキャンプにMR テラフレーム50拡張機能でSUPを挟んで持っていきました。

バッグの容量は50L、長いパドル以外はキャンプ道具もすべて収めて2泊3日にピッタリの容量でした。

元々はハンターが解体したお肉を運ぶために開発されたバッグの荷室とフレーム部分が分離する拡張機能ですが、テラフレームは新しいシステムとしてテラフレームシステムという名前がついてます。

とても簡単にいうとハンター以外の方が手軽に使える用に改良された、バッグ拡張機能というところでしょうか。

私のようなSUP好きやパックラフト好きにはぴったりの機能ですね。

SUPの純製収納キャリーケースは背負う事もホイールで転がす事も出来るんですが、あくまでも簡易的なもので、背負い心地、キャリーとしての引き心地どちらもお世辞にも良いとはいえません...

駅での階段の上り下りや、キャリーのホイールが転がらない砂浜等、体に合わないバックで重たい荷物を背負っているととてもつらいですが、MRのフィッティングにこだわった丈夫なバッグパックだと重たい荷物をしっかりフレームが受け止め、体にしっかりフィットし荷重を分散してくれるのでSUPや重たい荷物を運ぶ時もとても楽ちんです。

フレームに挟めれば荷重制限は特にないとの事ですが、ご自身の筋力次第ですね笑

 

キャンプやフェスにもたまーに行くのでキャンプ道具を挟んで持っていくときもバッグより大きめなテーブルやチェア、ツーバーナーなどを挟めてすごく便利だなと思います。

お次は横から

コンパクトになるといってもSUPがでかいですね。バックの荷室がおまけになってますね。笑

左側のウエストにMRアクセサリーのボトルポケットを付けています。中身はバーナーのガソリンボトルを入れています。

反対の右手側にはMRアクセサリーのフリップトップボックスを付けています。

中身はワンバーナーのバーナーヘッドを入れてます。

私は茶色いウェビングストラップで自分なりにバッグフレームとSUPを固定しています。

この写真を撮ったころはまだ朝の5時頃なので薄暗いですね。

 

明るくなるとこんなにお天気です。

島の北側にある友地橋です。

橋から見た大久保浜の景色です。きれいですね。

天気が良いと富士山も見えます。

 

とまあ今回はアイランドキャンプで使用したMRの拡張機能が付いたテラフレーム50ボトルポケットフリップトップボックスについての簡単な使用例のご紹介でした。ミステリーランチはオーバーロードやアクセサリー類等アイデア次第で色々楽しめるバッグを作ってるなーと思います。いかがですか?一度お店に見に来てみませんか?

なおテラフレーム50MRサマーフェアの対象になっています。本店ではフードクージーまだ少し残っていますので対象バッグが欲しい方はA&Fカントリー本店までいらしてください。お待ちしています。

本店【関東】