雲取山 冬【ICI吉祥寺店】

みなさま、こんにちは!

吉祥寺店のおおがきです。

 

雪上トレーニングで、雲取山に行ってきました!

今回は、鴨沢から、七ッ石山を通り、雲取山へ、2日目は、富田新道を経由し、日原に下山するコースです。

 

 

秋の紅葉登山と違い、防寒具と、水場が使用できない事を考え水3Lを装備したので、ザックは40Lとなりました。

最近の降雪もあり、トレイルもいい感じで雪を楽しめました。

七ツ石山付近までの、凍っている場所もあり、体感を鍛える事ができました。

稜線に上がると雪が強くなり、小雲取山までは、久しぶりの冬山気分をあじわえました。

 

 

避難小屋に着いて振り返ると、都内も見える程、天候も回復していました。

 

 

 

秋にもお世話になった避難小屋で、ここから見える富士山に癒されます。

 

今回は相方の希望で、鍋を囲んで一杯やりました。

重い装備をここまで運んだかいがあり、胃袋の方も大満足です!

夜は小屋の中でも-12℃と、シュラフをコンパクトにした装備に反省です。。。

 

 

 

シーンとした空気の中、真っ青な空に浮かぶ富士山を眺めながら、最高の朝を迎えました。

 

 

秋にはなかった、新しい雲取山の石の標柱が、新しくできていました。

画像では小さく見えますが、私の身長より大きいです。

 

 

今回の装備品の保温ボトルは、

Klean Kanteen(クリンカンティーン)インスレートクラシックボトル20oz

¥4,000(本体価格)

 

朝6時に沸騰したお茶を入れ、夕方の避難小屋でも熱く戴けて、身体を温める事ができました。

カラビナを付けて開けると、簡単に開きます!

 

 

富田新道は、前日の降雪で踏み跡がなく、赤標を確認しながらの下山となりました。

雪は深い所で、膝下ぐらいで、6本アイゼンが活躍してくれました。

 

吊り橋を渡り、日原林道をひたすら歩き、バス停の時刻表を確認すると1時間ちょっと時間があり、

そこから、東日原のバス停まで歩く事にしました。

このバス停には、ベンチ、トイレ、自動販売機があり、トレーニングの終着地点となりました。

 

奥多摩駅で食事の際お話ししていると、私たちがたどったコースは、地元の方々は逆に行くとおっしゃっていました。

次回は、このコースも楽しんでみたいと思います。

 

 

これから温かくなり、春山シーズンとなりますが、

装備にはくれぐれもお気を付けて、お楽しみください!

 

 

ICI club吉祥寺店【関東】