Team A&F FUKUOKA いざ見参!その4【福岡店】

こちら先日のフィールドイベントで訪れた大崩山

この山を登る際、必ず思い出すことがあります。

それは20年ほど昔のことなのですが、私が念願のこの大崩山へ始めて登る日の前日・・・

遊び半分のボルダリング中にマットの間に落ち捻挫、登山靴が履けないほど足首が

腫れ上がりました。

もちろん大崩登山は中止。仲間には「間が悪い」と散々けなされた記憶が!

怪我はカッコ悪いですね!

 

捻挫と言えば・・・こちら↓必見です!

『Ehunmilak Ultra-Trail Report(エフンミラク ウルトラトレイル レポート)』

トレイルランナーなら皆さんご存知の山本健一選手のスペイン遠征記です。

怪我さえも経験に変え成長を諦めない姿はカッコいいですよ!

 

さて・・・

いよいよ10月、氷ノ山レースまで3週間となりました。

コースも決定しましたが、なんといつの間にか距離が延びてます。

総距離78km、合わせて制限時間も1時間延長・・・

これは間違いなく「乗り越えるべき壁が高くなった」と言うことでしょう!

レースまでの期間で体力が激変することは考え難く、出来ることと言えば

抜かりなく準備して余計なトラブルを減らすことしかありません。

非常時の防寒対策はCOGHLANS(コフラン)エマージェンシーブランケット

熊対策はCOGHLANS(コフラン) ベアーベルです。

COGHLANS(コフラン)なら何でも揃いますね。

氷ノ山レースでは500ml以上飲料水の携帯が必須です。飲料水をどのように持ち運ぶか・・・

ハイドレーションにハードボトルなどなど今は選択肢が増えております。

先程のレポートでは山本健一選手はロングノーズのソフトボトルを愛用していました。

もちろんUltraspire(ウルトラスパイア)にもあります。

Ultraspire(ウルトラスパイア)コラプシブルボトル

実は隠れた人気商品、私自身はまだ使用したことありませんが面白いかも・・・

選択肢の引き出しに入れておきましょう。

今しばらく悩める日々が続きそうです。

 

天神警固公園より歩いて2分

福岡店より甲斐でした。

福岡店【九州】