結婚式【ららぽーと湘南平塚店】

みなさんこんにちは。

今日は久々に旅ブログです。

写真多めになります。予めご了承ください。

 

先日友人の結婚式に招待されました。

場所はこちら。

 

ネパールでは数日間にわたり結婚式が行われます。

友人は男性ですので、新郎側から見た式の様子をレポートします。

 

前日にも自宅で儀式を行っていますが、本日は新婦と儀式を行います。
新郎と両親は車で、親族は歩いて会場へ向かいます。

歩くこと40分、会場となる公園へ到着。この公園の中には寺院があります。

新婦の到着を待ち、いよいよ儀式です。
今回はヒンドゥー教の儀式ですが、部族によって多少異なるそうです。

参列者は新郎新婦にご祝儀を渡し、ティカという赤いお米を額に付けます。
大勢から付けてもらうので、新郎新婦の額は真っ赤です。

僧侶指示のもと、儀式を進めていきます。

11時頃から始まり、昼食を挟んで16時頃まで続きます。


ちなみに昼食はセルフサービスでおかわり自由。ダルバードというネパールでは定番の食事です。

ダル=豆スープ バード=ごはん という意味です。

クライマックスは新婦の額のてっぺんにティカ(赤い印)をつける儀式。
ネパールの既婚女性は皆この印がありますが、新郎がここで初めて付けるそう。
この儀式の直後、新婦は涙。この日から新郎の実家で新生活が始まりますが、自分の実家へは簡単に帰れないそうです...

儀式終了後新郎宅へ帰ってみると、女性陣が歌って踊って大盛り上がり。

ネパール女性の正装はサリーです。

着付けてもらいましたがとても難しく、ひとりでは着られません。

翌日はパーティー。日本でいう披露宴と二次会の間のようなイベントです。
前日は新郎側の親族ばかりでしたが、新婦側の親族もたくさん集まります。

新婦側の親族から新郎側の親族に布を掛けています。
ネパールでは大切な人に布を掛けてあげる習慣があります。

私もこの結婚式で何度か掛けて頂きましたが、心が通じ合うようでとても嬉しかったです。

親族紹介後はご近所さんや友人が入れ替わり立ち替わりやって来て、新郎新婦を祝福。そして踊りまくる...
なんと、これが夜まで続きます。

すごく楽しかったのですが、連日の長丁場でさすがに最後まではいられませんでした。

 

長い結婚式はこれで終了。ネパールの魅力を最大限体感できる素敵な経験でした。

 

次回は観光編です!

 

ららぽーと湘南平塚店 村上

 

A&F COUNTRY ららぽーと湘南平塚店

神奈川県 平塚市 天沼10-1 1F

TEL 0463-80-7323

営業時間 10:00-21:00

 

ららぽーと湘南平塚店【関東】