A&F野外イベント ウィンターハイキングと低山冬山Tips

こんにちは。本店の齋藤です。

 

A&Fカントリーでは毎月野外イベントを開催しているのをご存じでしょうか?

いったいどんなイベントなのか?

本日は先日開催致しました、野外イベントの様子をレポートしつつご紹介していきたいと思います。

 

今回は【ウィンターハイキングと低山冬山Tips】と題しまして、冬の高尾山を歩いてまいりました。

 

AM9:00高尾山口駅に集合です。

寒波の影響でキーンとした寒さがありますが、観光の方や登山の方で駅前は賑わっています。

 

今回のルートは金毘羅台コースをスタートして吊り橋コースから高尾山山頂を踏んでその先の一丁平まで行って、6号路を下るルートです。

 

イベントの講師には低山小道具研究家の森勝さんに同行していただきます。

低山を知り尽くした森勝さんならではの低山の楽しみ方や豆知識をたくさん聞けるチャンスです!

 

スタートの金毘羅台コースは東側の尾根で朝日が当たり暖かく、森勝さんいわくスタートに最適です!

また利用される方も比較的少なく高尾山にしては静かな山歩きが楽しめます。

ところどころ休憩を挟みつつ森勝さん、スタッフによる実際に使っているおすすめギアの紹介コーナーもあったりします。

知らなかったギアや思いもよらぬ使い方など新しい発見があるかもしれません!

<A&Fのマイクロスコープを紹介する森勝さん>

気になっているギアや疑問に思っている事を聞いてみるのも良いですね。

 

1号路に合流し、しばらく登り4号路の吊り橋コースから山頂に抜けます。

 

雪をかぶった丹沢山群のパノラマが目の前に広がります。

冬は空気が澄んでいるのでとてもきれいです!

山頂を後にして、一丁平を目指します。

森勝さんおすすめの高尾の冬の風物詩『シモバシラの華』を観察出来るスポットへ寄り道です。

今年は見る事が出来るでしょうか。。。

 

ありました!ありました!

これがシモバシラの華です。なんだか不思議ですね。

夏には見る事の出来ない、これぞ冬ならではの自然の芸術品です。

シモバシラの華を観賞した後は、一丁平にて昼食を取ります。

朝からたくさん歩いたのでお腹がペコペコです。

スタッフ齋藤は今回パエリヤに挑戦してみました。

どうでしょう?美味しそうじゃないですか?

山の上で食べるご飯は格別です。

LODGEのスキレットを持ってきたかいがありました。

 

昼食後は6号路のびわ滝コースを使って下ります。

谷沿いを歩くルートで今の季節は霜が溶けてぬかるんでいたり、所によっては凍結している恐れがあり注意が必要です。

トレッキングポールや軽アイゼン、ゲイターなどがあると心強いですね。

 

びわ滝コースを下り正面に病院が見えてくると舗装された道に出ます。

本日のイベントも無事に皆さま下山できました。

 

冬の低山は気軽に楽しむ事が出来ます。

しかし低山と言えども、気温は低く地面が凍結している可能性もあります。十分な準備、装備を持って安全に配慮して楽しみたいですね!

行ってみたいのだけれど、何を持って行ったらいいの?などご不明な点がございましたらお気軽に店頭スタッフまでお問い合わせくださいね。

 

今回のイベント写真はこちらに記載しております!

 

大寒波の影響で寒い日が続いていますが、ブログをご覧の皆さまも遊びに出かけてみてはいかがでしょうか?

A&Fカントリーでは毎月野外イベントを開催しております!

 

次回の予定は

雪の上を歩こう!軽アイゼンで行く氷爆(2/11)

ピクニック気分で春のお花見ハイキング(3/25)

となっております。

 

野外イベントのスケジュールはこちらからご確認できます。

まだまだ参加していただけます!皆さまお気軽にご参加下さいませ。

 

本店【関東】