北高尾で沢(小川)歩き

日本の夏。まるでオーブンの中に閉じ込められたような暑さ。
暑さから逃げるため高山へ。


しかし森林限界を超えてしまえばそこには日陰は無く、ギラつく太陽が襲ってきます。

 

この季節は仕方がない.......。

 

 

そんな時こそ沢登りはいかがでしょうか。


冷たい水、川の和流(せせらぎ)、いつもと違った冒険があなたを待っています。

でも沢登りと聞くと多くの人は、ヘルメットやハーネスを装備し、多くの知識や経験が必要と思われると思います。もちろん本格的な沢登りはそうです。

 

では近所の小川や、膝下までの清流はどうでしょう。


きっと手軽に夏の暑さを吹き飛ばしてくれるはずです!

 

そんな沢歩きを普段の低山ハイクに追加してみませんか?


本日は先日行われた、野外イベント「北高尾で沢(小川)歩き」のレポートです。

 

 

早朝、高尾駅に集合。今回の参加者は全員女性。
登山経験者はもちろん、普段はフェスのみ方や海外からの参加者まで多彩な顔ぶれとなりました。

 

目的の沢がある北高尾方面へ向かいます。

 

 

その後沢歩きの注意点や歩き方などレクチャーを受け、いざ沢の中へ!

 

 

冷たい水が、暑さを吹き飛ばします。
もちろん頭上は木々に覆われ日光も当たることもありません。
なんと夢の様な環境でしょう!!!!!!

 

 

 

小川をジャブジャブと探検家気分で進んでいきます。

 

 

 

今回はChacoサンダルを着用してみました。
水中でも滑ることなく、沢から上がってもすぐに乾いてくれ、厚い靴底は川底の石の影響を全く受けませんでした。今回のように町、林道、沢と多彩なシチュエーションでも大活躍。普段からchacoサンダルを愛用している自分も改めて、chacoの汎用性の高さに驚かされました。

 

 

休憩中には各スタッフのオススメの道具紹介もあり、最近入荷したばかりのMYSTERY RANCHの「CABINET(キャビネット)」や「カフェキャップ2.0」なども登場。

 

他にも紙に防水処理が施されているRite in the Rainの「4×6 ノートブック」やORの完全防水ドライサックなど水辺に特化したギアも紹介されていました。

 

その後も暑くなれば沢に、疲れれば登山道へとのんびりトレッキングを堪能。


沢を歩いているのでほとんど人にすれ違う事もなく、ココが高尾山周辺だと言う事を忘れてしまいそうでした。

 

そして最後は参加者全員で記念撮影

 

真夏に涼しげなハイキングの思い出をみなさんと作ることができました。

 

残りわずかの今年の夏。

みなさんも楽しく涼しい夏の思い出を作ってみませんか。

 

今後のイベントスケジュールは、こちらからご覧いただけます。

イベントの参加費用分のA&Fポイントカードを参加者の方にはお渡ししておりますので、実質無料で参加いただけます。

皆さまのご参加お待ちしております。

 

 

昭島店 福田

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※イベントにご参加頂いた皆様へ
今回、イベント中に撮影をした画像を共有させて頂きます。
大変お手数ですがご来店時にスタッフにお声をかけて頂ければ画像データへのアクセス方法をお伝えします。是非、ご来店頂き1000円金券もご利用下さい。(誠に申し訳ありませんが画像の保存期間が8月31日までとなりますのでそれまでにご来店、アクセスをお願い致します)。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

昭島アウトドアヴィレッジ店【関東】