ETHNOTEKの新柄はなんとモノクロームです!【ららぽーと湘南平塚店】

こんにちは!

ららぽーと湘南平塚店の関根です。

 

5/28よりグローバルローンチとなるETHNOTEK(エスノテック)の20SS新柄kente(ケンテ)を本日はご紹介致します!!

ガーナの職人より織られたケンテという幾何学模様柄になります。
ケンテは様々な部族により織られる柄や色あいが異なりますが、ETHNOTEK(エスノテック)は少数民族の職人が減少の中、 特に希少性のあるエウェ族の生地を今回使用しています。

 


織り機の幅は約13cm、と細長い織物になります。
このことから大型のパックに関しては右半分、もしくは上半分を柄、もう半分を異素材のナイロンとアシンメトリーにしたこれまでにない柄の当て方が非常に特徴的となります。

 


また裏地の中にケンテコレクションのタグが付いているスペシャル エディションとなります!

 

ETHNOTEK(エスノテック)のファウンダーであるJake氏は発展途上国の柄織物職人から直接、生地を買い付けることで彼らの生活を守りながらも伝統継承させることを使命と考えています。

 


一部店舗はオープンし始めていますが、お店まで足を運ぶことのできない遠方の方はこちらのA&Fオンラインストアをご利用ください!!

現在、在宅支援の一環として配送サービスの変更につき、¥5.000以上の商品は送料無料となります!


ららぽーと湘南平塚店【関東】